地球の水の起源とは?

地球の水の起源とは?

 

地球における水圏(海洋・湖沼・河川が該当)は表面積の7割をも占めており、地球のシステムの根幹をなしています。我々生物は、当たり前のように水の恩恵を享受していますが、果たして地球における水とはいつからあったものなのでしょうか?その起源について調べていきましょう。

 

 

水は宇宙から飛来した?

約42億年前、火山活動の活発化により原始大気に水蒸気が吹き出し、それが雨として降り注ぐことで原始海洋が生まれました。この水蒸気の元となった水分は、地球に飛来・衝突した彗星や小惑星に多量に含まれていたものと考えられています。

 

水の起源は地球と思っている人も多いと思いますが、そうではなく宇宙から飛来したものである可能性が高いとされているのです。というのも初期の地球は、水分など一瞬で蒸発させて宇宙に吹き飛ばしてしまうほどの高熱の塊であったと考えられている為です。

 

また地球に飛来した水分の元は、誕生初期の太陽を取り巻いていた塵やガスの円盤に含まれていたと考えられています。そして地球最古の生命が誕生した時期と、水がもたらされた時期が一致していることから、生命は宇宙からやってきたのではとも言われているのです。