地球の環境問題一覧:現状を知っておこう

18世紀から19世紀にかけて拡大した産業革命で、人々の暮らしは大きく変わりました。しかし人間活動の変化の結果、深刻な環境問題が発生してしまいました。今回は現在地球が直面している環境問題を紹介したいと思います。

 

 

地球温暖化問題

地球の環境問題一覧:現状を知っておこう

 

大気や海洋の温度が上昇し、生態系や自然環境へ悪影響を与えている問題です。「大気や海洋の温度の上昇」自体は地球の歴史上珍しくもないことですが、社会問題として「温暖化」という場合、「人間の活動に起因すると思われる20世紀以降の温暖化」のことを指しています。温暖化の原因としては諸説ありますが、温室効果ガス(二酸化炭素・メタンなど)が原因とする説が最も有力です。

 

光化学スモッグ問題

地球の環境問題一覧:現状を知っておこう

 

自動車や工場からでる汚染物質が原因で大気が汚染したり、それにより視界が悪くなってしまう環境問題のことです。呼吸器への異常や健康被害を引き起こす原因にもなります。

 

酸性雨問題

地球の環境問題一覧:現状を知っておこう

 

大気汚染により汚染された空気から生成される雨により起こる環境問題のことです。酸性雨に振られた地域の悪影響は大きく、湖や川の生物の生命活動を脅かし、土壌を酸性化してしまい植物に毒であるアルミニウムや重金属イオンといった化学物質を溶けださせます。

 

放射能汚染問題

地球の環境問題一覧:現状を知っておこう

 

放射性物質によって地域および生物が汚染され自然環境や生命活動をおびやかす問題です。日本では東日本大震災による福島原発が代表例です。

 

絶滅危惧種問題

地球の環境問題一覧:現状を知っておこう

 

人間の経済活動(開拓・乱獲・入植等)による影響で、様々な種の生物の絶滅が危惧されている問題です。ここに挙げた全ての地球環境問題が関係しています。ある種が絶滅するということは生態系への影響は不可避です。生態系への予測できない異変が今後人類の存亡に関わる可能性があるためこの問題への取り組みは重要視されています。

 

 

国の取り組み

1992年の地球サミットにて、国連が気候変動枠組み条約を提起し、環境問題への国際的な取り組みの署名が始まりました。

 

特に温暖化の最大原因とされる炭酸ガスを排出してしまう火力発電に代わる、新たな発電方法が模索されています。以下に例を挙げます。

 

原子力エネルギー

環境に優しい発電方法として原子力発電が挙げられることが多いですが、チェルノブイリや福島のように事故の際のリスクが非常に高いです。

 

自然エネルギー

低リスクで環境汚染も少ない代替エネルギーとして、太陽光や風力発電など自然エネルギーの活用が注目され始めています。一方で自然エネルギーは維持コストがかかり、発電効率もあまり高くないので電気代が高騰してしまうというデメリットがあります。

 

環境への配慮と経済合理性を両立させるのはとても難しいことなのです。

 

 

環境問題と呼ばれるものの多くは地球規模・世界規模のものです。

 

生活水準と環境を両立させていくには誰か1人、どこか一国だけが取り組むのではなく各国が手を取り合い解決へ導いていくことが大切です。