地球の大陸の区分法と超大陸形成の歴史

「大陸」とは「地球上の広大な陸地」のことを指す言葉です。曖昧な定義に思えますが、5つほどあるどの大陸区分法でも、最も小さい大陸はオーストラリア大陸であるというのは変わらないので、それより小さい場合は島として定義されます。日本が「日本大陸」ではなく「日本列島」なのはその為です。

 

 

主要な大陸区分法

区分方法
大陸名
7大陸 北アメリカ大陸/南アメリカ大陸/南極大陸/アフリカ大陸/ヨーロッパ大陸/アジア大陸 オーストラリア大陸
6大陸(1) 北アメリカ大陸/南アメリカ大陸/南極大陸/アフリカ大陸/ユーラシア大陸/オーストラリア大陸
6大陸(2) アメリカ大陸/南極大陸/アフリカ大陸/ヨーロッパ大陸/アジア大陸/オーストラリア大陸
5大陸 アメリカ大陸/南極大陸/アフリカ大陸/ユーラシア大陸/オーストラリア大陸
4大陸 アメリカ大陸/南極大陸/アフロ・ユーラシア大陸/オーストラリア大陸

 

日本で教えられるのは基本的に6大陸(1)ですが、アメリカでは7大陸、ヨーロッパでは6大陸(2)が一般に教えられます。日本で教えられる6大陸(1)は地理上の根拠が元になっていますが、ヨーロッパで教えられる6大陸(2)は文化的な意味合いが含まれています。

 

ヨーロッパ大陸というのはあくまでユーラシア大陸の一部であり、独立した大陸ではありません。6大陸(2)はあくまでヨーロッパ諸国が属する地域を明瞭化する為に採用される区分け、と思ってください。

 

超大陸とは

地球上の陸地を、できる限り大きな陸塊で見た場合の呼び名を超大陸といいます。現在の超大陸はアフロ・ユーラシア大陸(アフリカ大陸とユーラシア大陸を合わせた大陸)とアメリカ大陸の二大陸になります。

 

大陸移動説によれば、地球上の大陸は万年単位で移動、形成、破壊を繰り返しており、将来的には現在の超大陸もまた別の形になると考えられています。

 

超大陸形成の歴史

何億年という周期で形を変えてきた超大陸には、時期ごとに以下のような呼称がつけられています。

 

形成時期
超大陸名
19億年前 ヌーナ大陸 (Neuna) もしくはローレンシア大陸 (Laurentia)
約18億年前-15億年前 コロンビア大陸 (Columbia)
約15億年前-10億年前 パノティア大陸 (Pannotia)
約10億-7億年前 ロディニア大陸 (Rodinia)
2億5千万-2億年前 パンゲア大陸 (Pangea)
5億-1億年前 ゴンドワナ大陸 (Gondwana)
2億-6千万年前 ローラシア大陸 (Laurasia) あるいはユーラメリカ大陸 (Euramerica) とも
〜1万年前 アフロ・ユーラシア・アメリカ大陸 (Afro-Eurasia-America)