地球の密度が太陽系の中でも高い理由は?

地球の密度が太陽系の中でも高い理由は?

 

太陽系の惑星を密度の高い順に並べると、地球は太陽系の中で最も密度の高い惑星であることがわかります。

太陽系天体で密度の高い順
1位…地球 2位…水星 3位…金星 4位…火星 5位…海王星 6位…木星 7位…天王星 8位…土星

 

 

密度の違いを決定づけるもの

密度に差がでる最も大きな要因は惑星の構成元素にあります。地球の90%は鉄・マグネシウム・酸素・珪素といった高い密度の元素で構成されているのに対し、外惑星である土星や木星は、水素やヘリウムなど小さい密度の元素からなるガス惑星です。

 

木星も土星も地球の何倍もの質量があるにもかかわらず、中はスカスカになっているのです。土星なんかは水よりも軽いので、もし巨大なプールに土星を入れたら浮いてしまうほど。地球がボール、土星や木星は風船と考えるとイメージしやすいかと思います。

 

地球の密度が高い理由

地球や内惑星が外惑星よりも高密度な理由としては、太陽誕生時の太陽風により、水素やヘリウムといった密度の小さい元素は外の方に吹き飛ばされ、密度の大きい元素だけ残った為です。