地球と太陽の距離はどれくらい?

太陽のように光り輝く天体のことを恒星といい、夜空に点々と輝く星は全て恒星にあたります。そして太陽系が属する銀河系には約2000億個もの恒星があり、その中で太陽から最も近い恒星はプロキシマ・ケンタウリで4.2光年の距離があります。つまり光の速さで4.2年かかる距離ということですね。

 

 

太陽〜地球は光の速さでどのくらい?

光年というのは主に天文学で用いられる単位です。太陽の光が地球に届くまで8分19秒かかり、光の速さは毎秒約29万kmですので、これに時間をかけてあげると距離が求められます。8分19秒(499秒)×29万kmの1億4960万kmが地球と太陽の距離になります。

 

地球と太陽の距離は奇跡?

ちなみに太陽との距離というのは地球の成り立ちを考える上で重要になります。地球は太陽からの距離が非常に絶妙な位置にあり、あと少しでも遠かったり、近かったりしたら、生命にとって過酷な環境になっていたと予想されます。

 

つまり地球の太陽からの距離は、生命にとって暑すぎず寒すぎずの適切な温度幅が維持される「ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)」に位置しており、生命が誕生するのに重要な条件となっています。