地球の寿命は?

地球にも寿命があり、いつかはなくなってしまう・・・と聞くと、地球が自然崩壊したり、大爆発する様を想像するかもしれませんね。しかし実際問題として地球の終焉が来るとしたら、それは地球そのものがどうこうなるというより、地球の生命線である太陽の最期に地球がまきこまれる形になる可能性が高いでしょう。

 

 

地球の寿命は太陽が終わる時

というのも地球は50億年後、巨大化した太陽に飲み込まれてしまうと考えられている為です。さらに地球が多種多様な生き物で溢れる「生命の星」でいられるのはもっと短くなるでしょう。

 

太陽の膨張自体は17億5000年後に始まるといわれていて、その際の熱で地球上の生命は次々と死滅していくと考えられるからです。

 

まあとはいえ17億年どころか1億年ですら途方もない未来なので、これだけのリミットがあればSF作品のように自給が可能な小惑星型宇宙船を開発して、太陽がやばくなっても他の恒星に移れば問題なし、という状況になるかもしれません。